A message to our customers and suppliers about COVID-19. Learn more

医療

»高性能にもかかわらず、セットアップが簡単なエンコーダシステムです«

3DHISTECH 社 (ハンガリー)

当社は医療向けにエンコーダを製造しています。

医療システムで高精度な位置決めを実現するには、RLS のエンコーダがうってつけです。研究室でのサンプル処理用のロボット、患者テーブルの位置調整、CT スキャナや外科手術ロボットの回転速度と回転位置の制御など、さまざまな医療用途でエンコーダは使われています。

RLS 磁気式エンコーダが選ばれる理由

課題

  • 信頼性
  • 精度
  • コンパクト設計

メリット

  • 豊富なサイズラインナップ
  • 幅広い分解能ラインナップ
  • 業界標準の出力形式
  • 真のアブソリュートエンコーダ
  • 非接触式の 360°回転/直線の位置検出
  • 広い取付け公差
  • シンプルな取付け
  • 高い信頼性

外科手術ロボットの仕組み

今日の外科手術は、侵襲的な処置を極力抑えられる外科手術システムを使って行われます。最高のモーションコントロール技術を搭載したシステムであり、熟練の執刀医のように、低速の計算されたスピードでも、なめらかかつ高精度に動作します。

この外科手術用システムでは、直径 8mm の穴を 2 箇所、12mm の穴を 1 箇所、マニピュレータ用とカメラ用に患者の体にあけるだけで手術を行えます。患者のそばにはロボット操作/手術アシスタントが立つだけで、執刀医 (システムのオペレータ) は離れた場所でコンソールを操作します。離れていても視覚情報や触覚情報は間近で執刀する際と変わりありません。システムは、それぞれ離れて配置される、執刀医用コンソール、装置本体を設置する患者脇用カート、そして画像処理装置の 3 点から構成されます。