概要

RLB は、PCB センサーと磁気スケール/リングで構成される、基板タイプのインクリメンタルエンコーダシステムです。位置決め制御ループフィードバックのコンポーネントとして、省スペースでモーションコントロールに組み込めるよう設計されています。

極長 2mm で等間隔に磁化されたスケールと組み合わせて使用し、リングの径方向または軸方向の読取りに対応しています。

機能

  • インクリメンタル矩形波 A、B、Z (RS422)
  • 双方向リファレンスマークを固有の出力箇所か周期出力から選択可能
  • ロータリシステムでの最高分解能 622,592cpr (76 極のリング)

メリット

  • 超小型設計
  • 高速動作
  • RoHS 準拠
構成して購入 Configure データシート

製品データ

システム

エンコーダタイプ
インクリメンタル
読取りタイプ
リニア, ロータリ, 径方向, 軸方向
出力
RS422, インクリメンタル
最高分解能
13bit
磁気スケールの精度等級
±40µm
繰り返し精度
分解能レベル (同一方向動作時)
ヒステリシス
< 2 µm up to 0.2 mm ride height
磁極ピッチ
2mm
Max. interpolation factor
8,192
磁気スケールの最大長
50m

電気

供給電圧
5V±0.25V (リードヘッド電圧)
電流消費
< 30mA
出力
RS422, インクリメンタル

機械

質量
RLC リードヘッド 1.25g、MS05 磁気スケール 30g/m。径方向/軸方向リングについては、磁気リングのデータシート参照

環境

RoHS
EU 指令 2002/95/EC 準拠
衝撃 (11ms)
300m/s2 (IEC 60068-2-27)
温度
保管時: -40℃~+85℃, 動作時: -30℃~+85℃
振動 (55Hz~2000Hz)
300m/s2 (IEC 60068-2-6)
詳細はデータシート参照

業界

ダウンロード

$13.02