A message to our customers and suppliers about COVID-19. Learn more

風力タービン

RLS 磁気式エンコーダは、風力タービンに適した速度/位置フィードバックシステムです。

250kW~500kW の風力タービン産業は、2024 年までに年間あたりの新規設置が 5GW を超える見込みです (Global Market Insights 社)。

世界が再生可能経済へと舵をきる中、経済の発展と環境の保護の両立を可能にするテクノロジーへの投資が不可欠です。風力はコストパフォーマンスがよく、クリーンなエネルギー源です。既存の農場や外洋に建てた風力タービンで発電します。陸上や海上の風力タービン施設の発電効率は、向上し続けています。特に、外洋の風力タービンは、常時風を受けられることや設置が短期間でできることから、効率化が進んでいます。

RLS 磁気式エンコーダが選ばれる理由

メリット

  • カスタマイズ可能
  • 広い取付け公差
  • 絶対位置データ、マルチターンオプション
  • 広い動作温度範囲 (-40℃~125℃)
  • 非接触式検出で、長期間動作可能

導入事例

  • RLS エンコーダは、ヨーおよびピッチ用に風力タービンで使われています。また、発電機シャフトの高精度速度フィードバックにも使われています。

仕組み

風のエネルギーにより、羽根が 2 枚または 3 枚のプロペラがロータを中心に回転します。ロータは主軸に接続されていて、この主軸が発電機を駆動して、発電します。風力タービンの仕組みは非常にシンプルではありますが、システム全体の効率は、組み込まれているコンポーネントの品質と信頼性に左右されます。