A message to our customers and suppliers about COVID-19. Learn more

無人搬送車 (AGV)

RLS は、AGV 市場におけるトップクラスの磁気式エンコーダメーカー/サプライヤです。豊富なラインナップと業界標準の出力形式で、取り付けやすく、長期にわたって高い信頼性で動作します。

磁気式エンコーダは、物流の AGV/AGC 分野で優れた位置フィードバックを返す機器として活用されています。非接触設計のため信頼性が高く、IP68 の保護性能によりほこりが多い環境でも動作可能です。

自律移動ロボット (AMR) とも呼ばれる無人搬送車 (AGV) は、大量の資材を運ぶためのフォークリフトやコンベヤシステム、台車などで通常対処する、高負荷なタスクに使用される無人搬送システムです。自動車産業のさまざまな場面、物流、自動化倉庫、飲食業界、印刷業界で、大量の資材を繰り返し移動する際に使用されています。狭い通路を走行し、高い棚に届く設計になっていて、倉庫の貯蔵量アップに貢献します。AGV で付加価値が大きく高まり、あらゆる分野で柔軟性の高い物流が実現します。特に物流のボトルネックが増えている昨今、大きな効果をもたらしています。

AGV の課題

精度 0.5°

AGV が位置を正確に把握して資材を積み降ろしたり積み重ねたりするためには、エンコーダによる正確な位置のフィードバックが不可欠です。オペレータが AGV を調整する必要があっては時間の無駄です。効率の低下を招き、ひいては製造プロセス全体に影響します。

コンパクト設計と簡単取付け

エンコーダにはコンパクトさが求められます。例えば、フォークリフトや AGV は自動化倉庫の要件に合うようコンパクトな設計になっています。駆動システムに簡単に組み込めることも、メリットのひとつです。

衝撃/振動耐性

工場や倉庫で稼働する AGV は、起伏のある床面やちらかった物品が原因で、いやでも振動や衝撃を発生させます。そのため、困難な環境下でも精度を維持できる、衝撃や振動に高い耐性を備えるエンコーダを採用する必要があります。

仕組み

AGV の平均的な駆動ユニットは、サーボモータ、減速機、ブレーキ、タイヤから構成され、車体の動き、方向変換、停止を制御するためにエンコーダを必要とします。速度のモニタリングという点で、特にセーフガード用の安全レーザースキャナと組み合わせた際、安全機能を搭載した車両に必要不可欠なコンポーネントがエンコーダです。

AGV の各ホイールは、2 個のモータのトルク差によって各軸周りに回転します。各軸の駆動系から角度位置に関するフィードバックを取得することで、クローズドループ制御が実現します。

RLS 磁気式エンコーダが選ばれる理由

メリット

  • 優れた設計/製造プロセスによる、クラストップの品質と信頼性
  • モータの位置フィードバックの標準としてサイン/コサインフィードバック
  • 過酷な AGV 環境に最適な堅牢設計
  • IP68 の保護性能でほこりや液体の侵入を防止
  • コンパクトサイズによる省スペース性とハイパフォーマンスを両立

導入事例

  • 速度制御: インクリメンタルエンコーダ
  • ホイールの方向制御: アブソリュートエンコーダ
  • マスト高さとフォークの位置決め