概要

RLM は、RLM リードヘッドと磁気スケール/リングで構成される、コンポーネントタイプのエンコーダです。モーションコントロールに埋め込む、位置制御のループ要素として設計されています。また、エラー検出用の自己診断機能を搭載しています。

機能

  • 超小型設計
  • 単一または周期双方向リファレンスマーク
  • インクリメンタル ABZ TTL/RS422、BiSS C または SSI 出力
  • リニアスケール、径方向磁化リング、軸方向磁化リングに最適

メリット

  • 最高 ±10μm のシステム精度
  • 高速動作
  • 非接触かつ摩耗ゼロの測定機構
  • ピン接続またはフレキシブルフラットケーブル接続が可能
構成して購入 Configure データシート

製品データ

システム

エンコーダタイプ
インクリメンタル
読取りタイプ
リニア, ロータリ, 径方向, 軸方向
最高分解能
13bit
繰り返し精度
Better than unit of resolution (at 0.3 mm ride height)
磁極ピッチ
2mm
磁気スケールの最大長
50m

電気

供給電圧
5V±0.25V (リードヘッド電圧)
電流消費
<30 mA without 120 Ω termination, <130 mA with 120 Ω termination (valid for RS422 version)

環境

RoHS
EU 指令 2002/95/EC 準拠
衝撃 (11ms)
300m/s2 (IEC 60068-2-27)
温度
保管時: -40℃~+85℃, 動作時: –20℃~+85℃ (フレキシブルフラットケーブルあり)、–40℃~+85℃ (フレキシブルフラットケーブルなし)
振動 (55Hz~2000Hz)
300m/s2 (IEC 60068-2-6)
詳細はデータシート参照

導入事例

ダウンロード

$13.02