概要

Orbis™ は、貫通穴のあるアブソリュートロータリーエンコーダです。スペースの関係で通常の OnAxis エンコーダを、回転軸の先端に取り付けできないような場面に最適です。

さまざまな基板サイズや磁石サイズのバージョンをラインナップしています。

機能

  • 分解能 14bit
  • マルチターンカウンタ機能
  • ステータス LED
  • BiSS-C、SSI、SPI、非同期シリアルおよび PWM 通信に対応

メリット

  • 真のアブソリュートエンコーダ
  • シャフト上のどこにでも取付け可能なスルーホール設計 
  • 取付け後に自己キャリブレーションを実施 (オプション)
  • 広い取付け公差
  • 自己診断機能を搭載
  • 化学薬品への高い耐性
  • 高速動作

製品データ

システム

Analogue outputs
One sin/cos per revolution, single-ended and differential
Commutation and Incremental outputs
U, V, W, A+, A-, B+, B-, Z+, Z- (RS422)
分解能
12bit
精度
±0.5°

電気

供給電圧
5V±10%
電流消費
平均 30mA

機械

Available ring sizes (inner diameter)
12mm, 22mm, 30mm

環境

外部磁場
リードヘッド上部で最大±3mT (DC または AC)
湿度
0~70% (結露なきこと)
動作時/保管時温度
–40 °C ~ +105 °C (with connector), –40 °C ~ +125 °C (with connector)

導入事例

ダウンロード

$13.02